インプラントの費用

インプラントはとても便利で、夢の義歯とも言えるでしょう。しかし費用もある程度必要となります。保険が利かないので、どうしても価格は高くなります。外科手術が必要となり、その上インプラントそのものの価格もあります。インプラントは当然、手術に危険も伴うのでしっかりした技術を持った医師を選ぶことも大切になり、安いだけで選ぶことは危険とも言えそうです。

インプラントの価格は一般的には30万円~40万円と言われていますが、医師によっても価格は違います。特に都会の医師では35万円~50万円とも言われています。また極端に安いところでは20万円程度のところもありますが、この価格の医師でのインプラントは避けた方がいいようです。

インプラントの埋め込み手術は約10万円~38万円と言われています。インプラントがオールセラミックで10万円~15万円となります。激安のところでは8万円程度の安いものも。インプラント自体、さまざまなランクがあり、安いものは粗悪品とも言えるものも出まわっています。結局インプラントを入れてからすぐに駄目になってしまったりということもあり、激安品はおすすめできません。

手術の前の精密検査などの診察料が約2万円~5万円。メンテナンスが1万円程度となっています。ここでも分かるように一番価格に違いがあるのが技術代とも言える手術代です。これは技術の違いがある世界だからこそ、このような違いが出るとも言えそうです。やはり価格が高くてもインプラント技術の高い歯科には患者が集まるという傾向があります。

 

インプラントの痛み

インプラントというと顎の骨の近くまでボルトを埋め込むという、聞いただけでも痛くなりそうな手術です。しかし実際にはしっかり麻酔をするので痛みはほとんどありません。ただしインプラントをした日は、麻酔が切れたときに痛み止めが必要になることも。

しかしインプラント技術の低い医師の場合、手術に時間がかかりすぎて、麻酔注射を追加することになる場合もあるとのこと。このようなことが起こらないためにも、技術的に高い医師を選ぶようにしましょう。今現在インプラントを行う医師は多くなったものの、技術の開きは相当あるとも言われています。しかし痛みに関しては約80%の人は、ほとんど痛みを感じなかったと言っています。しっかりした医師の下で行った場合は、痛みはあまり心配することはないようです。

またインプラントは骨と結合させるような手術ですが、インプラントと顎の骨がうまく結合していないと、インプラントを入れた後からぐらつきや痛みを感じるようになります。またドリルで骨に穴を開ける際に骨にダメージやヤケドを追わせてしまうことがあり、そうなると痛みは強いとも言われています。これらはすべて医師の技術の未熟さからくるものです。そういう意味からも医師選びは大切なのです。